EN | RU | JP   
First slide
ホーム > ソリューション > 産業用並列UPSシステムソリューション

ソリューション

産業用並列UPSシステムソリューション

近年、商用電力の流出リスクが、たとえほんの微量であったとしても業界内で無視できない問題として注目を集めています。そのため企業はこぞって、UPSが1台故障しても安定的な電力を保証するためのUPSモジュールを設置するようになりました。並列式の場合、2台ないし複数台のUPSが機械的・電気的に接続され、統合されたシステムとしてひとつの出力形態を形成します(予備用途、または冗長電源として使用)。N+1台を有する冗長構成の場合、一般的には負荷をサポートするために最低1台以上のUPSモジュールが用いられます。連結システム内において、各UPSは必要な場合に他のUPSから負荷を引き継ぐために待機します。この場合は保護された負荷に影響を与えないことが条件となります。

クリティカル系システムにおけるノンストップ性能の有用性は、すべての条件下で電力供給構造が発揮しうるノンストップ性能に依存します。重要な保護基盤を構築するために信頼性の高いUPS技術は欠かせませんが、冗長性を付加することで信頼度は最大となります。最大有用性と電力保護が不可欠な状況下では、独立・冗長型UPSのどちらにしても並列UPS構成が多くの利点を備えています。並列UPSモジュールは継続的に負荷を共有し、自動で欠陥部の役割を引き継ぐ特性があります。この際、臨界負荷の電力品質に影響を与える、またUPSおよびその他の電力部に過度の負荷をかけるなどという心配もありません。

最新式の並列技術では、従来のアプローチに存在しなかった優れた利点を付加することが可能となりました。そのひとつが、システムレベルの単一障害点が発生しないということです。ピアツーピア制御技術によって各UPSモジュールは独立した形で稼動し、外部の主制御装置や複雑を極める内部モジュール制御配線に依存しない運用が実現しました。事実上、UPSモジュールを並列稼動させるスイッチの役割を果たしていた追加の電気回路や部品も不要となったのです。

産業用並列UPSシステムソリューション

   

Copyright © 2014 Tiger Force Electronics Limited. All rights reserved. | トップ |
* すべての商標はTiger Force Electronics Limited(勁達電子有限公司)に帰属します**すべてのサードパーティ製商標は、それぞれの所有者の資産です。